No Favorites

無職編

【休職したい鬱な人へ】診断書の貰い方を教えます

今回は仕事を休みたい鬱な人に向けた話になります。診断書の取り方をお伝えしたいと思います。

実際に僕は診断書を貰い1ヶ月の休職をすることが出来ました。さらに会社都合で仕事を辞めることができて、現在失業保険を150日受給中です。

ですので、結構参考になると思います。

あと、これはあくまで個人的な意見なので参考程度に収めてください。ちなみに僕はこの時の仕事は派遣の工場員です。

この動画で話す内容はこんな感じです。

  1. 診断書を貰うまでのかかった日数
  2. 診断書を貰うまでにやったこと
  3. 診断書を貰ってからの行動

まず、診断書を貰うまでのかかった日数をお伝えします。診断書を貰うまでにかかった日数は3日です。

僕の場合は、初診で現在の状況などを色々聞かれて薬を貰って帰りました。そして2日後に「仕事が辛くていけません。休職したいので診断書をください」と言ってその日に診断書を貰いました。

ですので、診断書を貰うまでにかかった日数は3日です。ただ、初診日に貰うことも可能だとは思います。僕が2回目の受診で貰おうと思ったのには理由があります。どうやら初めましての人の詳しい病名っていうのを判断するのは難しいらしくて、保留にすることがあるらしいです。ですので2回目に診断書を欲しいと言った方が確率が高いなと思ったので2回目の受診の時に言いました。

次に、診断書を貰うまでにやったことですね。

僕の場合は診断書を貰う前に上司に相談しました。仕事が上手くいかない。別の上司からパワハラ的な発言をされると。とにかく仕事が辛いということを伝えました。耐えられないかもしれないと。

これを休職する前に伝えることで、「こいつ仕事休むかもしれないな」というイメージがつくので、いきなり休職しても混乱を抑えやすくなる気がします。

次に、病院の診断での話をします。僕は仕事のことを考えると起き上がれなくなると言いました。仕事をしてもミスばかりして上司に怒られる。もう限界と伝えました。ですので診断書を書いてくださいと伝えると診断書を貰えました。

 

次に診断書を貰ってからの行動を話します。

LINEまたは、メールで休職させてくださいと伝えることです。診断書が貰えたからといって会社がOKするとは限りません。というか、ほとんどの会社が休職させてくれないと思います。実際僕は、診断書を貰って会社の上司に連絡しましたが、休職させてもらえない感じでした。

LINEで連絡を入れたんですが、速攻で電話がかかってきました。その時の心臓を掴まれるような嫌な感覚はトラウマものです。

電話に出たら絶対会社に出てこいみたいな流れになるので絶対に出ませんでした。LINEでやりとりしました。「常識的にやばいよ」みたいなことを言われるかもしれませんが、ここは無視した方がいいです。

診断書を貰って休むと決めたのなら貫きましょう。ちゃんと診断書があるので大丈夫です。診断書がある状態で無理に働かせたら問題になりますから。強気でいった方がいいです。

ちなみにこの上司とのやりとりの時は心臓がバクバクいって精神的にヤバかったです。今までの会社での関係性とか信頼性が一気に崩れるし、今後の会社で復帰した時の気まずさとかを考えたら具合が悪くなりました。正直休職する時は覚悟したほうがいいと思います。

もう会社を辞めてもいいという覚悟がなかったら休職しないほうがいいと思います。

一つアドバイスするとしたら、診断書と会社に行けないほど精神的に追い詰められているというLINEかメールを送ったらスマホの電源を切るのをオススメします。なぜなら絶対に電話してくるので。

鬱になる人は気弱だったり、神経質な人が多いと思うので耐えられないと思います。メールを送ってしばらく放置しましょう。

すると、上司も諦めモードに入るのでその時にやりとりをすればいいと思います。僕の場合はゴリ押しして休職することが出来ました。

大事なのは絶対に仕事ができないと伝えることだと思います。ここが揺らいでしまうと休職できないかもしれません。

というわけで、今回は【休職したい鬱な人へ】診断書の貰い方を教えますという話でした。

参考になれば嬉しいです。

 

-無職編

© 2022 ライフアップ