No Favorites

マインド 無職編

【無職】雇われるの向いていません(27歳無能男が語る)

雇われ向いてないなって思いました

今回は雇われ向いてないなって思ったという話をしていきます。

現在無職なので時間だけはたっぷりある状態なんですよね。そこで自分の人生をゆっくりと振り返ってみたんです。すると自分は雇われるのが向いてないんじゃないかと思いました。その理由をあげていきます。

 

雇われるのが向いていない理由

僕が雇われるのが向いていないと思った理由は6つあります。

それがこちらになります。

  1. 決められた時間に働きたくない
  2. 教えられたことができない
  3. コミュニケーション能力がない
  4. 会社の利益などどうでもいい
  5. 会社に所属するのが安定と全然思えない
  6. 自分の創作物を作るのが楽しい

一つずつ話していきます。

 

1.決められた時間に働きたくない

1つ目は決められた時間に働きたくないということです。誰しもが思っていることだとは思いますが、決められた時間で働くのって地獄なんですよね。僕の場合は決められた時間に会社に行ったり、決められた時間に仕事をするのに耐えられません。

自分の体調はその時その時で違うので仕事にムラが出ちゃうんですよね。集中できない時はできません。

 

2.教えられたことができない

2つ目は教えられたことができないということです。これは僕が仕事ができないってことなんですが、教えられたことができないんですよね。1度だけでは説明されても覚えられませんし、手順通りに物事を進めるのが苦手です。

これって雇われとしては致命的な人材ですよね。言われたこともできないなんて要りませんよね。

 

3.コミュニケーション能力がない

3つ目はコミュニケーション能力がないということです。会社に所属するものとして周りとコミュニケーションとらないと仕事が円滑に回りません。ですが僕にはコミュニケーション能力がありません。

こういう部分でも雇われに向いてないなって思いました。というか雇われ以前に人間社会に向いてません。

 

4.会社のことなどどうでも良い

4つ目は会社のことなどどうでも良いといういうことです。ハッキリ言って会社の利益とかどうでも良いですし、会社が潰れたとしてもどうでも良いです。むしろ会社都合で失業保険が貰えるからラッキーとすら思えます。

そんな僕ですので、仕事の責任感はありません。ですので与えられた仕事以上の事をしたくありません。というか無能なので与えられた仕事も出来ません。こんな奴ヤバイですよね。

 

5.会社に雇われるのが安定とは全然思えない

5つ目は会社に雇われるのが安定とは全然思えないという事です。

僕は雇われに向いていないと思うのは会社の安定さを信じていないという事です。いつ倒産するか、いつクビを切られるか分からないのに会社にしがみつきたくないなって思っちゃうんですよね。

僕は現在27歳なんですが、この27年間で相当社会は変わりましたよね。そんな移り変わりの早い社会です。これから50年間も1つの企業が存在するってあるのかなって思うんですよね。

10年でこんなに変わる世界ですよ?

今売り上げのある会社でもどうなるか分かりませんよね。そんな移り変わりの早い時代で会社が面倒見てくれる保証なんてありません。

こういう考えを僕は持っているので、僕は雇われに向いてないなって思うんですよね。

 

6.創作物を作るのが楽しい

6つ目は創作物を作るのが楽しいという事です。

これは2年前くらいのブログを書き始めた時に感じた事なんですが、自分で作品を作るって楽しいなって思ったんですよね。自分のブログがネット上に公開されてそれが見られる。そして反応が返ってきたり、広告収入が入ってくる。

自分の作り出す物が良ければ良かった分結果として返ってくるって面白いなって思ったんですよね。これは決められたことをやらないといけない雇われには出来ないことなので刺激を感じました。

こういう部分から雇われより、クリエイター向きなんだなって思いましたね。

 

雇われ気質ではない

結論をいうと、雇われ気質ではないってことですね。僕は創作物を作るのが楽しいなって思います。自分で考えて自分で作る。自分はどちらかというとクリエイター気質なんだなって思います。

ですので、雇われは向いてないですね。今後は自分の向いたことをしていければなって思います。

 

というわけで雇われは向いてないって話をしました。

 

YouTubeもしてますので良かったらチャンネル登録お願いします。

 

-マインド, 無職編

© 2021 ライフアップ