No Favorites

ライフアップ

初めての一人暮らしで失敗しない為に必要な準備

一人暮らしを失敗しないための記事です

一人暮らしを初めてする時ってワクワクしてこれからが楽しみですよね。
でも、気をつけないと憧れの一人暮らしがとんでもなく辛い羽目になってしまいます。

ですので、一人暮らしを初めてする人が失敗しないように準備しておくべきことを伝えたいと思います。

初めての一人暮らしは準備が全て

初めての一人暮らしを失敗しないためには準備が必要です。

この準備を怠っていると、最悪一人暮らしをするのが困難になり家を出る羽目になるかもしれません。
そうならないためにも、準備が必要不可欠です。

準備が必要といっても、お金がかかるわけでも難しいことをするわけでもないので安心してください。

初めての一人暮らしで準備するもの

初めての一人暮らしの準備で大事なのは、

『もし、収入が無くなったら』

という想定をすることから逆算しましょう。
一人暮らしをするということは、一人で生活費を賄うということです。
つまり、あなたの収入が支出を上回る必要があります。

支出が収入を上回ることがあれば生活が破綻してしまいますからね。

ですので、初めての一人暮らしは慣れるまではお金を抑えることが重要になってきます。

そのことを踏まえて、次の6つを準備するのをおすすめします。

 

初めての一人暮らしをする前に準備すること

  1. 所持金50万くらい欲しい
  2. 家賃は安く
  3. 携帯代を最安値で
  4. クレジットカードを作っておく
  5. 軽い料理ができる調理具
  6. 安いフトン

 

1、所持金50万円くらい欲しい

初めての一人暮らしを経験すると感じるのは思ったよりもお金がかかるということです。
自分が思っていたよりも費用がかかることになります。

ですので、そういう時に困らないように所持金が50万円くらいは欲しいところです。
50万円あれば事故に遭ったり病気になったりしない限りは数ヶ月は持ちます。

安心感という意味でも50万円は欲しいところです。
もし仕事がなくなったとしても、50万円あれば生活費は払えますし、その間に仕事を探す時間ができます。

今ではウーバーイーツなどの、身分証があれば面接など必要なく速攻で働くこともできます。
そのため50万円くらい準備しておいた方が一人暮らしを失敗する確率が低くなるでしょう。

2、家賃は安く

初めての一人暮らしは慣れるまで色々な事が起きると思います。
外食を頻繁にしたり、
家具を揃えたり、
友人を招いたり。

おそらく一人暮らしをする前に比べて出費がかなり増えるはずです。

そんな生活の中、家賃まで高かったらどうでしょうか?

経済的にも精神的にも辛い状況になります。

ですので、初めての一人暮らしは家賃を安くする事が大事になってきます。

家賃が低いと、
部屋が狭かったり、
セキュリティが甘かったり、
治安が悪かったりするかもしれません。

しかし、まずは自分が一人暮らしをやっていけるという自信と経験をつけることが大事です。
いきなり、家賃の高いところを選んでしまうと即退去しないといけないことになりかねません。

意外と一人暮らしというのは思っている以上に大変なものです。
まずは慣れるということを意識して家賃の安いところで挑戦するべきだと思います。

3、携帯代を最安値で

『2、家賃を安く』でも説明した理由と同じように、携帯代を最安値で契約しましょう。
動画をたくさん見たい人は大容量パックプランに加入しがちですが、大容量パックプランに加入すると携帯代が爆上がりします。

無制限プランにしたら+5000円になったりと割高になります。

携帯代が5000円〜1万円くらいの人はハッキリ言って高いです。
理想は2000円〜3500円くらいには抑えたいところです。

今では格安SIMがたくさんあるので、携帯代を2000円〜3000円台にするのは簡単です。

ちなみに僕が利用している格安SIMのOCNモバイルONEは最安値が1000円ちょいくらいです。
かなりコストを抑える事ができます。
おすすめする理由を記事にしているのでよかったら参考にしてみてください。

OCNモバイルONEのメリット、デメリット!使うべき理由

続きを見る

 

携帯代は毎月かかる固定費です。一人暮らしをより快適にするには携帯代という固定費を下げることが重要です。

最安値を目指しましょう。

 

4、クレジットカードを作っておく

一人暮らしは自分の収入で賄っていかないといけません。
しかし、人生は何が起きるか分かりませんよね。

こんな時代です。会社を急にリストラされたり、収入源がなくなってしまう可能性は高いです。

そんな事態に備えてクレジットカードを予め何枚か作っておけばいざというときに役に立つでしょう。
しかも、クレジットカードは入会費無料で年会費永久無料のところも結構あります。

有名どころでいうとイオンカードとかですね。

もちろん、入会費も年会費も無料です。

マイナスになることもないので新規発行してみてはどうでしょうか?

 

5、軽い料理ができる調理具

一人暮らしは支出が多いです。

ですので、外食ばかりせず自炊をした方が経済的に楽になります。
凝った料理をする必要はありませんが、軽い料理ができるくらいの調理具は準備しておきましょう。

安いお店は多いですが、自炊よりは高いです。

食費を下げることは生活を楽にすることに繋がるので意識してみてはどうでしょうか?

 

6、安いフトン

ベットは人生の3分の1を過ごす場所ではありますが、初めての一人暮らしであれば安いフトンで様子をみても良いのではないかなと思います。

安い家賃の家に住む前提の話として、部屋は狭いです。内見に行った時はちょうどいいと思うかもしれませんが、いざ住みだして見ると、家具は増えます。

家具が増えてくると身動きがしづらくなるので窮屈になるでしょう。そんな場所に高いベットを置くスペースはあるでしょうか?

安くて畳めるフトンの方が収納にも経済的にも良いと思います。

フトンは高い方が疲れも取れるので高いフトンを選ぶのは賛成ですが、時期が合ってません。

ちゃんと、一人暮らしに慣れてきてからでも遅くありません。

 

まとめ

初めての一人暮らしに失敗しない為に準備することを6つ紹介しました。

全てに言えるのは、何があっても良いように経済的な余裕はしっかりと持っておくことが大事だということです。

準備をしっかりとして、一人暮らしをエンジョイしましょう。

 

-ライフアップ
-, , ,

© 2021 ライフアップ